イタチ駆除とネズミ駆除の重要性~ペットと家が受ける被害~

家やペットを犠牲にしないためにも駆除は必要です 家やペットを犠牲にしないためにも駆除は必要です

ペットはイタチやネズミの被害を受けてしまう

ネズミ

もし、あなたが家で犬や猫を飼っていたり、鶏などの家畜を飼育したりしているのならネズミやイタチといった害獣には気をつけなければなりません。もし放置していた場合、様々な被害が発生します。ペットを守るためにも早めに手を打ちましょう。

イタチやネズミによるペットへの被害

イタチはペットを襲うのですか?
襲います。イタチは肉食獣であり、自分より大きな獲物にも襲いかかる獰猛な性格をしています。そのため、ペットが襲われる可能性はあります。また、屋外で鶏を飼育している場合も同様に襲われる可能性があるため、出かけている隙に全滅していたという可能性も決して0ではありません。襲われた場合、イタチやねずみが保菌しているバイキンが付着して傷が悪化することがあるので、動物病院で診てもらいましょう。また、万が一に備えて応急処置法を知っておくと安心です。
ネズミはペットにどのような被害を与えますか?
ネズミの与える被害としてまず挙げられるのが、ペットをかじって怪我を負わすことです。ネズミは不衛生な動物であり、牙にはバイキンが付着しています。よって、噛まれた後が炎症を起こすことが多いです。そして、最も気をつけるべきなのは、ペットがネズミを食べてしまうことです。猫を飼っている場合、猫がネズミを狩り捕食することがありますが、非常に不衛生なので病気に感染する可能性があります。

業者にネズミ駆除とイタチ駆除をお願いする

家で野生のネズミやイタチなどの害獣を見かけた場合、業者に依頼し駆除を行いましょう。業者に依頼することでネズミ駆除もイタチ駆除も効率的に実施でき、適切な予防対策も可能です。

ネズミ駆除とイタチ駆除の方法

薬剤を散布してネズミ駆除をします (駆除業者)

ネズミを弱らせる薬剤を床に散布してネズミ駆除を行うという方法が有効です。屋根裏が主な散布箇所です。散布方法としては、蒸気式とスプレー式があります。蒸気式を使用することで広範囲のネズミ駆除を行うことができます。スプレー式の場合は一点に強力な薬剤を噴霧して駆除を行う方法です。効果が強く即効性も高いのが特徴です。

イタチ駆除は捕まえて追い出します (駆除業者)

イタチ駆除は、基本的に追い出しをメインに行います。鳥獣保護法でイタチ駆除は市町村に申請しなければならないので、申請の必要のない追い出しがメインになるのです。巣の出入り口に煙を炊き上げて、飛び出してきたイタチを捕獲罠で捕まえます。その後、再び侵入されないように侵入口を塞ぎます。

毒餌でネズミ駆除を行ないます (駆除業者)

ネズミ駆除でポピュラーな方法の一つに、毒餌による駆除があります。これはその名前のとおり毒の餌をネズミの通り道付近に仕掛けてネズミに食べさせることで駆除していくという方法です。即効性はありませんが、餌を食べたネズミが多ければ多いほど被害が広がります。毒餌は市販されているものを購入することもできますが、ペットを飼っている場合、誤食を防止できるように置きましょう。

ネズミやイタチが侵入しないように対策 (駆除業者)

イタチ駆除及びネズミ駆除を行ったあとは、再発防止が大事です。再発防止に最も効果が望めるのが、侵入口を防ぐことです。例えば、排水溝や通風口など小さな隙間から侵入してくるため、害獣防止用のネットや金網を外の入り口に取り付けるだけでも予防効果はあります。また、畑を耕している場合は電気柵を購入し、設置することでイタチを始めとした様々な害獣の侵入を予防できます。

イタチ駆除は駆除業者が駆除しないと犯罪?

上記したとおり、イタチは鳥獣保護法によって保護されているため、イタチ駆除を行う際には市町村に申請して許可を得なければ駆除ができません。もし、イタチ駆除を無断で行った場合、法律違反として罰されることになります。

TOPボタン