ペットを守るためにはイタチ駆除とネズミ駆除の他にも予防が大事です

家やペットを犠牲にしないためにも駆除は必要です 家やペットを犠牲にしないためにも駆除は必要です

イタチ駆除とネズミ駆除後にペットを守る方法

ネズミ駆除やイタチ駆除が終わっても再び住み着かれ、ペットが襲われる可能性があります。よって、再発防止のため、対策は万全に練っておきましょう。

イタチやネズミの被害を再発させないために

家にイタチが侵入したのを見かけた際はどうしたらいいですか?
最近の研究結果で夜行性の動物には青色のLEDライトを照射すると有効であるといわれています。しかし、イタチは地域によって夜行性の動物であったり昼行性であったりと違いが生じるため、過信は禁物です。そのため、普段から忌避剤を準備しておき、散布しておくことで被害の発生を食い止めやすくなります。また、畑を所持している場合は電気柵の設置で被害を大分抑えることができます。
屋外で注意することはありますか?
ゴミ捨て場の掃除は定期的に行うのが好ましいです。生ゴミはイタチにとってご飯となり、住み着かれる可能性が極めて高いです。更に、ネズミが住み着く可能性もあるので定期的に清掃を行い、イタチが住み着きにくい環境を作りましょう。具体的な対策方法としては、ゴミ捨て場に防獣ネットを設置し、ネット内にごみ袋を収めるといった手段があります。
室内にネズミが住めないようにするにはどうしたらいいですか?
衛生管理が重要です。生ゴミはきちんと処理し、ゴミ箱も蓋のついたものに捨てましょう。開封済みの食品はきちんと密閉し、容器に保管します。また、ネズミは暗がりに隠れて潜むため、家の掃除をキチンと行い、物陰を作らないようにすることも重要です。

掃除

ペットを守るためには、家の環境の見直しが重要です。特に衛生面の徹底は重要であり、環境を整えることで被害に遭うリスクを大幅にカットできます。また、家を清掃することで家の環境は清潔になりペットが病気になるリスクも減らせるため、掃除はこまめに行いましょう。

TOPボタン