ペットを守るために~ネズミ駆除のお話~

家やペットを犠牲にしないためにも駆除は必要です 家やペットを犠牲にしないためにも駆除は必要です

ネズミ駆除はイタチからペットを守ることに繋がる

ネズミ駆除を行うことで、イタチが家に侵入してくるリスクを減らすことができます。ここでは、ネズミ駆除を重点とした駆除の話をしていきます。

ネズミを狙うイタチ

イタチ

ネズミが家に住み着くことで様々な被害が発生します。イタチが家に住み着くというのもその被害のうちの一つです。前述したように、イタチは獰猛な肉食獣であり、自分より小さな生き物を捕食します。もちろんネズミも例外ではありません。家の中に住み着いたネズミというのはイタチにとって食事場のようなものです。そのため、ネズミの被害に加え、イタチの被害も加わることになります。

ネズミ駆除を行なう時の注意点

家から追い出してネズミ駆除をする場合
ネズミ駆除で家から追い出す方法を選んだ場合、重要なのは追い出したあとです。一時的に家から追い出したとしても、一度縄張りとして認識されると再び侵入してくることは珍しくありません。よって、侵入口を塞ぐ必要があります。なお、ねずみを追い出す方法としては、燻煙剤で追い出す他、ネズミに聞こえる超音波発生装置を使うのも有効です。しかし、燻煙剤は掃除をしっかりと行わないとアレルギーが発生する恐れがあります。また、超音波はハムスターなどの小動物にも有害なので、駆除方法を確認しておく必要があります。
毒餌を使用したネズミ駆除を行なう場合
毒餌を使用してネズミ駆除を行う場合、ペットや幼い子供が誤って食べないように気をつけてください。なぜなら、毒餌は人体にも有害な効果を発揮するからです。例えば、クマリンやワルファリンと言われる薬剤を用いた毒餌の場合、肝機能障害や毛細血管にダメージを受けることがあります。また、殺鼠剤の成分として有名なリン化亜鉛は腸内で毒ガスを発生させるため命に関わります。
粘着シートを設置する場合
ネズミ駆除のための粘着シートは、ドラッグストアでも市販されているほどのアイテムです。ネズミの通り道に設置することで捕獲できますが、定期的にチェックし、処分を行わなければネズミの腐敗した死骸を処分することになります。また、ネズミが罠だと学習した場合、設置しても効果を得られないことが多いです。そのため、業者に依頼しても粘着用罠での捕獲は若干難しくなります。
TOPボタン